「触れる地球」中型普及版が第7回キッズデザイン賞 内閣総理大臣賞を受賞

「触れる地球」中型普及版(ELP・JVCケンウッド共同開発)が、第7回キッズデザイン賞 内閣総理大臣賞(最優秀賞)を受賞しました。

審査評:
「地球儀ではなく地球人をつくる」、というプロジェクトテーマに象徴されるように、子どもたちにグローバル時代の気づきと学びを与える、日本発の画期的な情報リテラシーツールとして、最優秀賞にふさわしい作品と判断した。各研究機関からリアルタイムに提供される情報によって、地球環境の過去・現在・未来が可視化されるとともに、子供たち自らが球体というインターフェイスを回しながら好奇心と向学心を喚起することができる、全く新しいインタラクティブメディアであり、新規性、独創性が極めて高い。また、日本の先端的な、超硬アクリルなどの材料技術、加圧センサーなどの情報技術を導入することで、高精細な映像や操作性を実現しており、プロダクトとしてのデザインクオリティにも優れている。学校、自治体、科学館などへの導入が見込まれ、クールジャパンな情報メディアとして海外への普及も期待できるキッズデザインプロダクトとして高く評価したい。

Share on Facebook

一般

this post への0件のフィードバック
Add your comment