本日まで プラネタリーデザイン講座 2013年度11期 受講申込受付

京都造形芸術大学・東北芸術工科大学 外苑キャンパス プラネタリーデザイン講座(主宰: 竹村真一)は、以下の要項で2013年11月期を開講致します。

3.11 東日本大震災で露わになったさまざまな課題 – 大人口が集中する沿岸低地都市の脆弱性、一元的なエネルギー・交通・サプライチェーンの危うさ、超高齢社会におよそ対応しえない社会システム – これらはすべて国家デザイン的な課題であり、なかんづく東京という典型的な20 世紀都市のサステナビリティ課題そのものだ。

したがって2020 年のオリンピックは、東京のリセット、日本という国家の再設計のための千載一遇のチャンスと捉えるべきだろう。50 年前の施設を利用するというだけでは、サステナビリティは担保しえない。むしろ高度成長期の社会設計をリセットし、21 世紀の地球環境(エネルギーや食糧、Global Aging 等の人口動態も含めた)における真の「持続可能性」を構築する好機として東京五輪を利用すべきだ。

これは日本のみならず20 世紀文明のリセットにむけた通過儀礼であり、課題先進国・日本として地球社会に先駆けて行なう創造的な社会実験でもある。“3.11 後のソーシャルデザイン” のショーケースとして東京が五輪をホストできれば、それは単にスポーツの祭典にとどまらず、今後「人口・都市問題」「エネルギー」「気候変動・防災」などさまざまな文明的課題に直面してゆく地球社会全体(なかんづくアジア・アフリカの新興国・途上国)にとって大きなギフトとなるはずだ。

3.11 から10 年目の日本で開催するオリンピックを、一過性の景気浮揚に終わらせることなく、こうした「地球の未来」を発見する場(“Discover Tomorrow”)にしてゆくために、本講座ではこれまでの2年半の議論も総括しながら創造的な思考実験を展開してみたい。

11月期

第1回
11月6日(水)
19:00-21:00
「東北スカイビレッジ構想 – 沿岸低地の防災都市設計の新パラダイム」
ゲスト:迫 慶一郎氏(建築家)
第2回
11月20日(水)
19:00-21:00 「fukushima 後の復興を担う人材を自然エネルギーを通して育成する」
ゲスト:半谷 栄寿氏(福島復興ソーラー・アグリ体験交流の会代表理事)

お申し込みはこちらから。
http://gaien-tokyo.jp/pdl/#now

Share on Facebook

Planetary Design

this post への0件のフィードバック
Add your comment