12/19 第47回地球大学アドバンス [ コミュニティ・セキュリティの再構築] シリーズ 7 東北の食と農―21世紀型の生命地域産業の創生にむけて

第47回地球大学アドバンス [ コミュニティ・セキュリティの再構築] シリーズ 7 東北の食と農―21世紀型の生命地域産業の創生にむけて
日時:2011年12月19日 (月) 18:30~20:30 18:00開場
企画・司会:竹村真一氏(Earth Literacy Program代表/エコッツェリアプロデューサー)
ゲスト:
基調講演:藤田和芳氏(「大地を守る会」会長)
パネリスト:楠本修二郎氏(カフェ・カンパニー㈱代表)・古田秘馬氏(六本木農園代表)

詳細とお申し込みは、こちら

モデレーターからのコメント

2011年は日本、特に東北の食と農の価値を再発見する年となりました。東日本大震災および原発事故による放射能汚染の影響は決して小さくはない。長引く風評被害も、日本の食が世界的なブランド価値を持ち始め、高付加価値の輸出産業としての展望が開けつつあった段階での大きな打撃でしょう。しかしそれ故に3/11は、逆説的に東北の食と農の価値を見える化し、その再生を”日本新生”にむけた国民的課題として私たちが意識化し直すきっかけともなりました。

戦後の復興と経済高度成長のなかで「労働力」と「電力」と「食糧」を首都圏に提供し続けるという非対称なシャドウワーク――こうした20世紀的な文脈を超えた新たな地平で、東北の食と農をどう再生しうるか?”森は海の恋人”(畠山重篤氏)に象徴されるように、農/林/水産業の縦割りを超えて地域の真の富を再生産してゆくような生命地域産業のデザインを、新たな東北と日本の創生の基盤となしうるか?また、そうした地域自立型・環境創生型の東北復興に、首都圏の私たちはどのような形で参加・協働しうるのか?

今回は自らも東北出身であり、「大地を守る会」代表として首都圏数万人の消費者と東北の生産者をつなげつつ復興支援してきた藤田和芳会長に、東北再生への思いを存分に語って頂きます。また復興直後から「食」の交流・交歓を通じて、首都圏と東北の生産者を結ぶ独自な支援活動を展開してきた食のプロデューサーお二人に、これまでの8カ月の経験と今後の展望をお話いただきます。 11月の地球大学「食糧争奪の現在」でも触れたように、世界の食と農をめぐる状況が急速に逼迫しつつあります。日本の食糧安全保障の観点からも、またTPPも含めたグローバル経済のなかでの日本の農林水産業の再構築という観点からも避けては通れない、「東北の食と農の再生」という重要課題を皆さんと考えてみたいと思います。

Share on Facebook

地球大学アドバンス, 講演/セミナー

this post への0件のフィードバック
Add your comment