10/31〜12/20 企画展「食をつくり、地球をつくる。」

(さわ)れる地球ミュージアムでは、企画展「食をつくり、地球をつくる。」(10/31〜12/20)を開催します。

3×3Labo「触れる地球ミュージアム」(主宰;竹村真一)が、このたび東京駅前にて10月31日からリニューアル・オープンします。新拠点は東京駅・日本橋口を出て正面の日本ビル6F(地図参照)。

開館記念の新企画展は、食欲の秋にちなんで「食をつくり、地球をつくる」(協賛;全国農業協同組合連合会/全国農業協同組合中央会)。本年5月に本ミュージアムで開催した企画展「地球食のデザイン」(協賛;味の素株式会社)に続き、今回はより世界と日本の農業問題、また「未来食」としての日本食の可能性にも焦点をあて、私たちの食と農の未来をデザインするヒントを探ります。

詳細はこちらをご覧ください。


(さわ)れる地球ミュージアム 企画展「食をつくり、地球をつくる。」

期間
2014/10/31(金)〜12/20(土)
※休館日 土・日・祝日
開館時間
火〜土 11:00〜19:00
(土曜のみ18時まで)
会場
(さわ)れる地球ミュージアム(東京)
入場料
無料(事前申込制・当日申込可)

展示

「触れる地球ミュージアム」リニューアルオープンと企画展開催のお知らせ

3x3Labo「 触れる地球ミュージアム」(主宰: 竹村真一)は、このたび東京駅前にて10/31からリニューアル・オープンの運びとなりました。新拠点は東京駅・日本橋口を出て正面の日本ビル6F。開館記念の新企画展は、食欲の秋にちなんで「食をつくり、地球をつくる」(協賛: 全国農業協同組合連合会/全国農業協同組合中央会)です。みなさまのご来場をお待ちしております。

展示

中型普及版「触れる地球」がジュネーヴ国際空港にて展示

中型普及版「触れる地球」が、9/19よりスイス・ジュネーヴ・コアントラン国際空港の施設内で公開展示されています。世界を旅する旅行者に、地球大のコンテンツをお届けします。本展示は、UNISDR 国連国際防災戦略事務局の要請により行われ、防災や気候変動などのコンテンツも展示しています。

関連リンク

UNISDR国連防災機構 ニュースリリース
http://www.unisdr.org/archive/39456

朝日新聞Global
http://www.asahi.com/articles/ASG9M6QGNG9MUHBI02Q.html

時事通信ニュース
http://the-japan-news.com/news/article/0001583830

展示