2/20開催 第49回地球大学アドバンス [ コミュニティ・セキュリティの再構築] シリーズ 9 原発との共生-福島事故の真実とこれから考えるべきこと

日時 : 2012年2月20日 (月) 18:30~20:30 18:00開場
場所 : 新丸ビル 10F エコッツェリア
企画・司会 : 竹村 真一(Earth Literacy Program代表/エコッツェリアプロデューサー)
ゲスト : 田坂 広志氏(ソフィアバンク代表 元内閣官房参与(原発問題担当))

費用 : 2000円(エコッツェリア会員企業所属の方は無料)
定員 : 50名(申込先着順)

詳細とお申し込みはこちら

PDFチラシはこちら

モデレーターからのコメント

田坂氏が昨年10月14日に日本記者クラブにおいて行った講演「福島原発事故が開けたパンドラの箱―野田政権が答えるべき国民の7つの疑問」は、公開1週間で視聴者が4万人を超え、その内容をさらに拡充した『官邸から見た原発事故の真実 - これから始まる真の危機』をこの1月に上梓されたばかり。
この新著において、事故直後に最悪の場合「首都圏三千万人の避難」という事態も起こり得たことを率直に語っておられます。

また「安全を語ることの自己催眠」「原発の安全性とは原子炉の安全性のことだけではない」と核心をついた数々の提言をされています。
仮に世論と政府の政策が「脱原発」の方向に進んだとしても、私たちは簡単に原発を卒業できるわけではない。政府の事故収束宣言とは裏腹に、福島原発の現状は収束にはほど遠く、高レベル放射性廃棄物の処理も含めこれからが正念場です。他の約50基の原発についても再稼働の基準や期間、進まない核燃料サイクル、そしていずれにしても廃炉と使用済核燃料管理の長い道のりがあります。
また国内の原発以外にも、中国や韓国で今後増設される原発のリスク管理は即、日本の国家的安全保障問題であり、その的確な管理と長期的な「脱原発」のためにも原発関連の技術水準の維持が不可欠です。

福島事故からまもなく1年、あらためて原発や放射能に関するリテラシーを国民的なレベルで高めてゆくために、特に放射性廃棄物処理問題の専門家として学位をとられた田坂氏にお話しをじっくり伺います。

過去の地球大学アドバンスについてはこちら

Share on Facebook

地球大学アドバンス

this post への0件のフィードバック
Add your comment