9/23〜10/2 Planetary Design講座がUIA2010東京大会 / 2050 EARTH CATALOGUE展にて展示

Planetary Design講座が、”Base of the Planet”をテーマに、UIA2010東京大会(第24回世界建築会議)において、展示とトークセッションを開催します。

UIA2010東京大会(第24回世界建築会議)/ 2050 EARTH CATALOGUE展
「Base of the Planet」ブース

“Base of the Pyramid”から”Base of the Planet”へを旗印に、3.11後の新たな社会・経済・環境条件に応じた21世紀基準となりうるデザインを、プロダクトから社会デザインまで幅広く探ります。今回はデジタル地球儀「触れる地球」の展示と、「電気・水・住まい・都市」などの身近なキーワードについて、いくつかの物語を紡ぐ「書見台」を展示します。

展示主催: プラネタリ―デザイン講座
(京都造形芸術大学・東北芸術工科大学 外苑キャンパス 主宰: 竹村真一教授)

参加企業:
ミサワホーム株式会社
パナソニック株式会社
国際航業株式会社
株式会社竹中工務店・ギャラリーエークワッド
株式会社LIXIL

期間:
9月23日(金)~10月2日(日)
※会期中無休
※9/24(土)はトークセッションを開催

展示時間:
11:00~21:00

会場:
東京ビルTOKIAガレリア
〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-7-3
JR山手線・有楽町駅より徒歩1分
東京メトロ有楽町線・有楽町駅と地下1階コンコースで連絡

入場料: 無料

関連URL:
プラネタリ―デザイン講座

http://gaien-tokyo.jp/pdl/

UIA2010東京大会(第24回世界建築会議)

http://www.uia2011tokyo.com/

2050 EARTH CATALOGUE展

http://www.2050earthcatalogue.com/

主催 2050 EARTH CATALOGUE展実行委員会
共催 UIA2011東京大会日本組織委員会

 

「Base of the Planet トーク」

“Base of the Pyramid”から”Base of the Planet”へを旗印に、3.11後の社会・経済・環境条件に応じたプロダクトから社会までのデザインの在り方を探るセッションです。セッションは、第1部:主宰の竹村真一と参加企業からコンセプトを表明する基調講演、第2部:プロジェクトのアドバイザーである佐藤卓氏・浅田彰氏らを交えてのシンポジウム、第3部:3.11後の都市デザインについて参加企業とともに提案を行う、という三部構成です。

日時: 9/24(土) 13:00~17:00

プログラム
13:00~14:30
第一部:基調講演~竹村真一(京都造形芸術大学教授)
BOP宣言;”Base of the Pyramid”から”Base of the Planet”へ

14:30 ~15:45
第二部:トークセッション~「BOPへの新たな展望」

  • 佐藤卓氏(デザイン・ディレクター、武蔵野美術大学教授)
  • 浅田彰氏(現代思想、京都造形芸術大学・大学院長)
  • マエキタミヤコ氏(メディアクリエイティブエージェンシー・サステナ代表)

16:00~17:00
第三部:プレゼンテーション~「311後の都市情報空間デザイン提案」:
プレゼンター;竹村真一
協力;国際航業株式会社

※Ustream中継を予定

Share on Facebook

Planetary Design, 展示

this post への0件のフィードバック
Add your comment