田んぼスケープ

,,,,,,

田んぼはコメを作るだけの場所ではありません。それは貴重な水資源を担保する“スローな水”のデザイン装置であり、それによって地域の微気象を整え、さまざまな草木虫魚が繁殖しやすい環境を提供する「生物多様性」の宝箱なのです。
そんな古くて新しい「地球のソフトウエア」をライブで可視化してみたい、それぞれの場所で風土に応じた田んぼを営む人々の生の声が聴こえてくるような日本地図があってもいい。そんな思いから「田んぼスケープ」は生まれました。こんな食の生産者が沢山いる日本はまだまだ捨てたもんじゃない・・そんな思いを抱けるような、農の現場を覗く「窓」になればと思います。

企画: 竹村 真一・戎谷 徹也(大地を守る会 理事)
ディレクター: アラカワケンスケ
インターフェースデザイン: アラカワケンスケ・市角 壮玄(hoxai graphics)
フロントエンド: アラカワケンスケ
サーバサイド: アラカワケンスケ・植村 宏司(hoxai graphics)

Share on Facebook

tanbo_scape_20100318tanbo_scape_capture_00tanbo_scape_capture_01.jpg