ひとけい

,,

「ぼくらは朝をリレーするのだ。経度から経度へと」
(谷川俊太郎「朝のリレー」より)

そう、地球の自転にあわせて、いま地球のどこかが朝を迎え、その反対側では誰かが美しい夕日を見ています。

では、いまこの瞬間にどこが日の出を迎え、どこで陽が沈んでいるのでしょうか?

美しい朝日と夕日の写真で、地球時報とも言える日の出と日の入りをリアルタイムで知らせてくれるのが、「ひとけい」です。

写真はウェブ上の写真投稿サイトFlickrから、それぞれの国の日の出、日の入りの写真を検索し表示していきます。

いま、この瞬間にも、東京からリレーされた朝を数時間遅れで受け止める人々がユーラシア大陸のどこかにいて、また同時にアメリカや太平洋の国々から送られた夜のとばりが、次第に東京にも近づいてきています。笑顔に包まれた夕日、兵士のシルエットを映す夕日。この「ひとけい」は、今の世界の姿を現す窓にもなります。

この星の自転と、丸い地球の上での私たちの見えない「つながり」を感じてみてください。

デザイン・プログラミング: アラカワケンスケ

Share on Facebook

hitokei_sunrise_hungary001hitokei_sunrise_sarajevo