地球時報

,,

「地球時報」は、北海道・洞爺湖サミット 国際メディアセンター(IMC)環境ショーケース(2008.07.05〜10)にて、5台の「触れる地球」による展示スペース「地球茶室」で、毎時00分と30分に5台の地球儀を使った時報コンテンツ。月から眺めた美しい”地球の出/ 地球の入り”のハイビジョン映像が終わると、その 地球の姿をあたかもspirit(魂)として受胎したか のように、5台の地球儀に一つ一つ光が灯り、やが て一斉に回転しはじめます。

これは5台の地球が協調するシンクロナイズド・ スピニング“Synchronized-spinning”ですが、実は それぞれ固有のダンスを踊ってもいます。北極や南極を中心に回転する地球もあれば、海流や地震活動で躍動する地球もあります。宇宙からみれば、 北極が上にあるわけでは必ずしもありません。その意味で、これらはメルカトル図法の死んだ世界像を脱して、ダイナミックに呼吸する生きた一つの 球体(Globe)として世界を捉えなおす、私たちの世代の新たな地球観の表現といえます。

そして“Synchronized-spinning”が終わると、いよ いよ「時報」――世界各地の現在の時刻と気象情報 が、経度に応じた配置でグラフィカルに表示され たあと、謎めいた数字がゆらぎながら変化してい きます。これは今この瞬間(この時報の0秒からの 約1分間に)、この惑星上にどれだけの数の人のいのちが誕生し、どれだけの生命が星屑のように消 えて行っているのか?をリアルタイムに表示したカウンターであり、人口爆発のさなかにあるこの 惑星のセルフ・モニターでもあります。

刻々とうつろい、変化してゆく地球の「今」を体感して頂きたい。

プロデューサー

竹村 真一

ディレクター・デザイン

アラカワケンスケ

Flashデベロッパー

鈴木 健(サイナー)

バックエンド

北沢 純(ノデラ)

「触れる地球」システム

真貝 孝洋(GKテック)

Share on Facebook

IMG_6038IMG_6040IMG_6042IMG_6047IMG_6050